介護専門の外国人技能実習のYMKアソシエイツ協同組合|福岡県飯塚市

受入れまでの流れFLOW OF ACCEPTANCE

受入れまでの流れFLOW OF ACCEPTANCE

STEP1お問合せ

まず、お電話かメールなどでお問合せ下さい。
その後、資料請求なども対応しておりますが、無料相談実施しておりますので当組合担当者が直接お客様先にご訪問します。その時に「外国人技能実習生」についてのメリットやデメリット、導入事例など些細な疑問などにできるだけお答えしてます。まずは、お問合せ下さい。
TEL 0948-43-3954
メールでのお問い合わせ

STEP2申し込み

受け入れ人数などすべての内容にご納得していただけましたら、当組合にご加入のお申し込みとなります。
その後、ご希望される実習生の募集条件や募集地域を決定し、送出機関に通知します。

STEP3実習生の選抜

事前に企業様とヒアリングした内容を基に提携会社での人員募集を行います。

STEP4現地面接

受入企業の担当者による現地面接を行います。
企業様自身で、技能実習生候補者と直接対面して面接を行いご納得しただいた上で人材を確定していただきます。尚、現地面接までの段取りや準備は、当組合と現地送り出し機関が全面的にバックアップ致しますのでご安心下さい。もちろん、通訳もおりますので、面接でのコミュニケーションもスムーズに行えます。

STEP5技能実習生の現地研修

出国手続きを完了した実習生に対して、送出機関や現地教育センターにて約6~12ヶ月間に渡る事前研修を行います。全寮制教育を行いますので、日本語教育、模範教育以外の集団生活習慣の徹底や学習、生活、実習において厳しい規則を設けて研修を行います。(各社独自の規範教育マニュアル利用)同時に、申請書類等の準備も組合で行います。

STEP6入国

現地での日本についての研修を終えた技能実習生が日本に入国します。当組合が空港までお迎えして、入国後集合座学を行います。

入国後AFTER ENTERING JAPAN

1年目 技能実習1号

入国後、技能実習生は実習施設で、より具体的に、実習現場で必要となるコミュニケーションや実習内容について約1ヶ月間の講習を受けます。また必要に応じて、専門用語をはじめ、ヒアリングや日常会話のレベルアップを図ります。入管法・難民法・労働基準法や警察署と協力し、災害時等における安全配慮や交通ルールの講習等も行います。
その後、当組合が企業様まで技能実習生を送り届けます。その際、受け入れを開始するにあたり、再度注意事項などを説明させて頂きます。そして残りの約11ヶ月間現場での実習を開始します。同時に組合としてのサポートも開始します。ただ、この期間中に「技能検定初級試験」があり、合格しなければなりません。日頃の実習の成果が問われるこの試験に、全員が合格できるように企業様にサポートしていきます。

※毎月組合が訪問します。
3ヶ月に一度監査を実施します。

2年目 技能実習2号

企業様にて技能実習2年目 (雇用条件書に基づく)
※3ヶ月に一度監査を実施します。

3年目 技能実習3号

企業様にて技能実習3年目 (雇用条件書に基づく)
※3ヶ月に一度監査を実施します。

帰国

実習終了後、技能実習生は帰国します。
ただし、技能検定専門級合格、優良実習実施者のみ
技能実習3号に移行可能となります。

※技能実習3号に移行す際、原則1ヶ月以上は一時帰国が条件となります。
※技能実習3号の中で介護福祉士の受験も可能です。

お問い合わせCONTACT

外国人技能実習についてのご相談や資料請求はお気軽にお問合せ下さい。

0948-43-3954

受付時間 9:00~17:00

0948-43-3955

メールはこちら